ShihoYamaki

宮城県仙台市出身のバスクラリネット奏者。
相愛大学音楽学部・バスクラリネット専攻の1期生。

ALM Records/コジマ録音より
『Bassclarinet Recital』(2009.7)
『My Sweet Hometown』(2014.12)
をリリース。

記事一覧(28)

新しい楽器に出会うということと、楽器を知るということ

こんにちは、バスクラリネット吹きの八巻志帆です!先日書いた、”NEWバスクラデビューの日”という記事について、私の周りの人と楽器との出会いの2つのエピソードと、書ききれなかったことをいくつか書きたいと思います。生徒ちゃんと新しいバスクラとの出会い大学生の生徒が、初めて自分の楽器を買いました。彼女は中高とずっと、学校備品のクランポンのPrestigeを吹いてきましたが、大学に入って練習環境も変わり、備品のメーカーも変わったことから、購入を決めたようです。購入する楽器のメーカーはクランポンと決めていましたが、PrestigeにするかToscaにするかで悩んでいたようで、2度ほど楽器を吹きに三木楽器へ。私も最終決定に付き添わせていただき、きらっきらのPrestigeとToscaを吹かせてもらいました!『どっちもすごくいい楽器だから、あとは自分が吹きたい方、大切にしていきたい方を選べばいいと思うよ』と伝えた上で悩んでもらい、結果彼女はToscaを選んでいました。まだ私と彼女の付き合いも長くはありませんが、『Toscaにします!』と言った時、今まででいちばんの笑顔をしていて、嬉しかったなぁ。。きっと彼女にとってあの瞬間は忘れられずにしっかり記憶に刻まれるんだろうな。素敵な瞬間に立ち会えたなーと、幸せな気持ちの日でした。楽器のポテンシャルは吹く人が決めるこの写真は、数年前に私のジャズの先生から、ジャズクラリネット吹きの壱岐薫平くんへと渡ったバスクラです。