ブルーグレーに包まれて


ブルー という色がすきです。
青も碧も、藍色も群青色も、ライトなものももっと深いのも。



中でも、ブルーグレーや、ダスティブルーのように、グレー味がかった色はいつからか本当に惹かれるようになって、選ぶものたちはそういう色が多い。

その曖昧だけれど、でも芯のある強さに、広いやさしさを感じるのです。


私は無音の空間がとてもすきなのですが、最近はいつもより少しだけ、音のある空間を求めています。


何日か前に、ふと部屋で目に留まったアルバムを聴いたとき、ただひたすらに涙が溢れました。

ある曲のタイトルに  “blue gray” がついていた。
本当に偶然かもしれないけれど、その曖昧さと優しさに、奥に隠れた強さに、大きな愛を感じた。




私が音を求めたいときの多くは、自分が許されたかったり、慰められたかったりするときで、
何かそのタイミングで響く音を聴いて、初めて、『ああ、ちょっと疲れているのかな』とわかったり、すごくすごく救われたりする。


そしてその音がいつのまにか自分の心のなかに解けていったとき、また明日へ向かえるのかなと思ったりする、そんなある日の夜でした。



志帆



ShihoYamaki Official Website

仙台出身のバスクラリネット奏者・八巻志帆のページです。

0コメント

  • 1000 / 1000